NHK小野文恵アナ 太ったカップ画像!捨て石・再婚相手?夫子供・髪型病気休み

公開日:2016年4月5日
最終更新日:2016年5月27日
引用元:http://livedoor.blogimg.jp/sayonarajupiter2-pig/imgs/5/5/55e039d8-s.jpg

引用元:http://livedoor.blogimg.jp/sayonarajupiter2-pig/imgs/5/5/55e039d8-s.jpg

NHK女性アナウンサーでアラフィフでも髪型などかわいいと評判の小野文恵さん。

問題発言「捨て石」とは?結婚1回目と現在の再婚相手(旦那様)は誰?

子供はいるの?休んでいた病気の「鍼灸」って何?

 

 


 

 


 

 


小野文恵 太った 髪型 病気 休み

小野文恵のカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:菅文恵
出身地:広島県府中市
身長・体重:158cm・非公表
年齢・誕生日・血液型:1968年・4月18日・O型
カップ:C
高校・大学:広島大学附属福山高校、東京大学

「鶴瓶の家族に乾杯」や「ガッテン!」の司会でもおなじみの小野アナ。

そんな彼女が、実は数々の伝説を残しているのはご存知でしょうか?

その一つなのが、NHKの年末恒例の歌番組「紅白歌合戦」のチーム司会と総合司会の両方を務めてた事。

2004年に紅組の司会に、そして、2008年には総合司会に抜擢されています。

チーム司会と総合司会の両方を務めたのは、女性では小野アナが初めてだそうで、また、一度司会を務めた後、再び司会に返り咲いたのも、女性初なのだそうです。

しかし、それ以上の伝説を残したのが、なんと初任の地である、山口局でのお話し。

当時、夕方の報道番組を担当していたのですが、何とその視聴率が、20%を超える高視聴率を記録していたのだそうです。

ローカルのニュース番組としては、これは異例と言えます。

ただ、その理由について視聴者に尋ねたところ、

「あんた(小野)があまりにたどたどしくて、恐ろしくて、目が離せないんだ」

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E6%96%87%E6%83%A0

と言われたのだとか。

かわいらしいゆえに、心配になってついつい見てしまう、ということなのでしょうか?(^^;

最も、東京に異動し、「ためしてガッテン」などに出演するようになってからも、たびたび天然ボケぶりを披露してますし、そういうところが、とても愛らしく見えたのかもしれません。

愛らしい、かわいらしいと言えば、既にアラフィフに突入している小野アナですが、それでもショートヘアの髪型がかわいいと評判です。

本当にショートヘアがかわいい!小野アナの画像はこちら

ただ、年齢的なものなのか、「太った?」と言う声もあがっているみたいですね。

これを書いている現在、勤続25年目に突入している小野アナですが、そんな中、一度も大きな病気をせず、休まず勤め続けているのは、見事なものです。

小野文恵 捨て石 結婚 出産 再婚相手

そんな小野アナですが、2016年2月13日に放送された「ニュース深読み」での発言が、大きな波紋を呼びました。

この日は、不妊治療の特集だったのですが、その中で、ディレクターが小野アナにかけた言葉を紹介していたのです。

「私たちは、捨て石だと思うんですよ。でも小野さん、いい捨て石になりましょうよ。この無念を良いエネルギーにして、世の中に貢献できること探しましょうよ」

引用元:http://hamusoku.com/archives/9176978.html

この言葉は賛否両論を呼び、

「『不妊』と言うだけで、なぜ『捨て石』にならねばならない? それは自ら差別されるべきだと言ってるの?」

引用元:http://hamusoku.com/archives/9176978.html

と言った批判が多かった一方で、

「放送中の小野キャスターの涙に共感しました。きっと子供のことで辛い思いをされていると思います」
「きっと同じ思いをされているんだと感じ、そんな中戦っておられるんだなと感銘を受けました」

引用元:http://hamusoku.com/archives/9176978.html

小野アナは山口放送時代に一度結婚するも、当時の旦那様が挙式後に転勤してからすれ違いになり離婚(婚姻届けは提出しておらず、事実婚だったそうです)。

その後、2012年に、NHK編成局編成センター長の菅康弘氏と再婚したのですが、これまで子宝には恵まれていません。

子供を産めない辛さ。それは小野アナをはじめ、不妊で悩む人にしかわからないものです。

「40代の不妊治療をもっと手厚くしないと少子化は止まらない」と言う意見を読み上げた時には、涙をこらえていたそうです。

そんな辛い思いを抱えながらも、それでも休まず現場に向かう小野アナ。

彼女を見ていると、尊敬の念を抱かずにはいられません。

, ,….>>次のページ

まだまだ女子アナに癒されたいあなたへ。

コメントを残す