大橋未歩 脳梗塞手術から復帰!原因症状病院は?オリンピックの前兆ピル発見

公開日:2016年3月21日
引用元:http://alpacask.com/images/files/15328.jpg

引用元:http://alpacask.com/images/files/15328.jpg

テレビ東京の大橋未歩アナは以前、脳梗塞で番組をお休みされてましたが、現在は病院での手術も終えて復帰されています。

原因や症状はどんなもの?また、オリンピックでの前兆はあったのでしょうか?

「ピル」の関係性や脳梗塞が発見された当時のエピソードもお届けします。

 

 


 

 


 

 


大橋未歩 症状 病院 オリンピック 手術

⇒大橋未歩の亀甲縛りのキャプ画像や離婚の話、下ネタ発言の記事はこちら!

大橋アナが脳梗塞で倒れたのは、2013年1月の話。

自宅の洗面室のことでした。

寝る前に顔を洗っていると、突然、左手の感覚が麻痺し、そのまま倒れ込んでしまったそうです。

幸い、当時の旦那様であった、城石憲之氏(元東京ヤクルトスワローズ内野手・現北海道日本ハムファイターズ二軍打撃コーチ)がたまたまそばにいたため、速やかに病院に搬送されました。

その時の詳しい症状について、大橋アナが語った動画がこちらです↓

いやあ、こわいですね。自分で自分の手を触っている感覚がない、呂律が回っていないのが自分でもわかる、意識はあるけど起き上がれないなど、聞いているだけでもかなり壮絶だったことが、よくわかります。

先述のとおり、発見が早かったため、大事には至らず。

症状も軽度だったとのことで、1週間程度の短期入院ののち、自宅療養を経て、8ヶ月後に仕事に復帰することができました。

ただ、軽度だったとは言え、はじめの2ヶ月は全く回復の兆候が見られず、テレビ東京の近くにある虎ノ門病院で、ステント治療という、頭を切開せず、太い血管からカルーテルを差し込んで、解離している部分にステントと言う金属を入れるという手術を行ったようです。

彼女の脳梗塞の原因については、様々な憶測が流れているようです。

まず、脳梗塞の原因の一つに、不規則な生活があります。

高血圧や喫煙、飲酒などが原因に挙げられます。

入社3年目にアテネオリンピックの取材アナウンサーに抜擢されるなど、あちこちの番組から引っ張りだこだった大橋アナ。

そうなると生活が不規則になり、これが脳梗塞につながったとも考えたくもなりますよね。

しかし、大橋アナは、

「健康診断でも血圧やコレステロールで注意を受けたこともなく、まさか自分がと驚きました」

引用元:http://www.j-cast.com/tv/2013/01/21161961.html?p=all

と語っており、また、同僚や共演者も、「喫煙もしないし、お酒も少ししか飲まない」と証言しており、今回の脳梗塞について、本人も周りの人も信じられないと言った様子だったようです。

また、彼女がピルを服用していたからではないのか?とも言われているようです。

確かに、ピルを服用している人の脳梗塞の発症率は、飲んでいない人の3倍であると言われています。

また、興奮した状態が長く続くと、脱水状態になり、これが脳梗塞に繋がることもあるのだとか。

大橋アナの下ネタ好きは有名で、それゆえに、このような噂が出ているのかもしれません。

大橋未歩 原因 前兆

しかしながら、大橋アナのように、若くして脳梗塞を患う人も多いです。

このような脳梗塞を「若年性脳梗塞」と呼ぶのですが、この「若年性脳梗塞」の場合、生活習慣の乱れよりも、例えば、首をポキポキならしながら回したり、スポーツなどで首から頭部にダメージを受けると起こしやすくなります。

あるいは、歌手の徳永英明さんも患った、いわゆる「もやもや病」や、血管炎、また、血管の凝固異常も原因とされています。

脳梗塞の前兆としては、左右どちらかの目の視界が悪くなる、ものが二重に見える、転びやすくなる、また、言葉が出なかったり、物事が理解できなくなったりするなどがあるようです。

とは言え、これを脳梗塞の前兆と捉えづらいのが、何とも厄介なところでもあります。

現在は、後遺症もほとんどなく、元気に仕事に復帰している大橋アナ。

どうか、お体を大切にしながら、お仕事に励んでいただきたいものです。

, ,….>>次のページ

まだまだ女子アナに癒されたいあなたへ。

コメントを残す